蝶ヶ岳ヒュッテのロゴ

  1. 梅雨空でも
登山道の状況 花・生き物便り

梅雨空でも

カラ梅雨の多い長野県で、今年は珍しく本格的な梅雨が続きます。
先日の豪雨では、三股の林道脇から土砂が落ちてきたり、登山道が水で水没し通行できなくなったりしました。幸い、翌日には復旧して今は問題なく通行できますが、山が全体的に湿っているので今後の天気予報はしっかりチェックしてお越しください。特にまとまった雨が降る予報になっているときは要注意です。

林道に流れ出た土砂跡
林道の奥も崩落

しかし、いいことも。残っていた雪がぐんぐん溶けて、すべてのルートでアイゼンがなくても登山できるようになりました。
(三股ルートは蝶沢だけ残っていますので、トラバースはくれぐれも気をつけてください。また、雪渓の下には勢い良く川が流れています。落ちると大変危険ですので、雪の状態をよく確認して通行してください。)

蝶沢トラバース

また、気温が連日10度前後で上がらないため、花がきれいに咲いています。
去年は海の日で一気に梅雨明けし、暑さで花の寿命も短かったですが、今年は梅雨も海の日あとまで長引く可能性もあり、暑さに弱い高山植物にはいい気候かもしれません。

ギンリョウソウ
サンカヨウ
キヌガサソウ
オオサクラソウ